カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

【イラン】古きと新しきの共存

イラン、古きと新しきの共存が素晴らしい。

古くからの建物が残されていて、
そこはかとなく美しいし、
道すがらのモスクも、そもそも迷路みたいな道も、歩くたびに感動するし、
レストランもゲストハウスも歴史的建築が改装されていて、
もう、常にどこも絵になる。

f:id:now-ist:20171116232633j:plain

ただの銀行。え、ただの銀行やのに、そんなおしゃれでいいん?ってなる。

どこもこんな風に、あたりまえのような顔をして美しい。

 

f:id:now-ist:20171116234256j:plain

古い建物を改装して造られたレストラン


テヘランにある、現代アートミュージアムあたりをうろうろしていると、
カルチャーセンター発見!映画上映もあるらしく、
テヘランに住んだら、私はここによく通ったのだろうな。
カルチャーセンターの下には、おしゃカフェ!!!!

UpArtMaan Cafe Google マップ


イランのティー

f:id:now-ist:20171116230812j:plain
イランは高級品のサフランの産地で、このコンペイトウのようなサフラン入り砂糖を、
かじって、ティーで流しながら味わう、なんともオツなティーの飲み方で。

私は、イランのティータイムがいつも最高に楽しかった。
インドもミャンミャーもティー文化あるところいいなああ

カフェのテラス席。

f:id:now-ist:20171116230932j:plain
見て、みんなおされ
アフロにメガネささってるよ!
お姉さんの表情、アンニュイだよ!

そして、どうしても行きたかった、公園の中にある現代アートミュージアム。
なんか、イラン、公園使いがうまいわ。公園にもいい感じのカフェあったし、、!

Iranian Artists Forume Googleマップ

f:id:now-ist:20171116231623j:plain


アートが街にある様子の写真が展示されていて、

f:id:now-ist:20171116231219j:plain

ほう、壁画かわいいね。チャドルをモチーフ化するとかわいいね!
と思って外でて、道歩いていたら、
早速、壁画発見!かわゆす!!!!!

f:id:now-ist:20171116231348j:plain

f:id:now-ist:20171116231715j:plain

もうすごいっすわ、イラン先輩すごいっすわ、
どこ見ても、いちいち美しいもん。

どこにも、ちゃちさがない。チープさが全くなく、重く、美しい。
それは、きっと古いものを残して、新しきと交わっているからだ。

 

正直、カンボジア帰ってきたら、街がきたなっと思ってしまった。
計画されることなく、新しい建物が建てられ、
街の景観も環境も伝統も気にされていない。

ホワイトビルディング(カンボジアに古くからあった伝統的建物)も取り壊してしまいまして、
古きをなくし、新しきを新しくしている。
急激な経済発展によって失われるものってなんだろう。

イランに行く乗換え地のクアラルンプールでも、
大規模な土地開発が行われていて、ショベルカーが土を掘っていて、
私たちは、どうなりたいんだろうと思った。

 

とにかく、イランは、美しかった。オリジナルの美しさだった。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

イラン人は鼻を低く整形する。

テヘランにあるおしゃれなメガネ屋さん。

f:id:now-ist:20171116005144j:plain
イランの方々鼻が高いので、鼻当てがほとんどなくて、
平たい顔族のハラハタは、どのメガネをかけても、ほおにフレームが当たった、、、、、
メガネ好きやのに、、、、、自分の鼻の低さを思い知らされた、、、
そのくらい、イランの方々は、鼻が高くて、目鼻立綺麗で、まつげバッサバッサで、
美男美女大国なのです。

が、イラン人は鼻を低く整形する。
そもそも、私がイラン来たきっかけになったのも、
どこ行こうかなーと思っていた時に、
イラン人が鼻を低く整形することがブームだという記事見て、
イランか!行ってみたい!とイランを思い出し、イランにしたもので。
関連記事:
イランへ行って、君の名は。 - ハラハタミオ@カンボディア

確かに、街のいたるとこで、鼻に絆創膏(整形後のケア?)した人を見かけた。
気になったので、イランの方に何で鼻の整形するのか聞いてみた!

レストランで隣にいたおっちゃん:
鼻の整形は特に女性がおおいねー
イランだと鼻低いほうがいいとされているから、
よいダンナさんを見つけるためにみんな整形するのさ。
ハラハタ:
日本だと鼻高いほうがいいと思われるのに、何で?鼻分けてくれよー
おっちゃん:
価値観の違いだろうね。
女性は布で顔しか見えなくて、そこしかアピールすることができないから、
鼻を気にして整形するのさ。

関連記事:【イラン】モスクへ行って泣いたので、私も実際にチャドルを作ってみた。 - ハラハタミオ@カンボディア

 

鼻の整形は、ヒジャブ(髪の毛を隠すスカーフ)の着用を強制されているイランの現状に対する反乱の意味もある。あるイラン人女性はこう語っている。「美しい容姿や髪、肌に(男たちの)注目を集めたいと思うのは自然な感情。でもヒジャブのせいで、私たちはそれができない。だから、『顔のアート』を見せて本能を満足させているの」
 イランの女性たちは手術を受けたことを恥ずかしいと思わないらしい。整形手術後は多くの女性が、鼻を覆う「名誉の包帯」を付けて、堂々と外出するそうだ。

鼻整形でアピールするイラン女性の戦い | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトより

外見は顔でしかアピールできなくて、顔に意識が集中している。
確かに、イランのお姉さん方みんな、化粧ばっちりだった。

別のお兄さんに聞いてみると、
「砂漠出身の人は鼻がすっと低いから、あまり整形せず、
山や森などジャングル出身の人が鼻がしっかりしているからよく整形する」
と言ってた。
地域によって、顔が変わるのですね。
日本でも沖縄の人は目鼻立がはっきりしているとかかな。

 

鼻低くするというより、鼻の幅を狭くして、すっとさせたり、
鼻を上向きにしたり、小さくさせるというほうが近いのかな。

価値観の違いか、、、

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

楽天ランキング1位のスイーツは、1番美味しいスイーツでない。

f:id:now-ist:20171115022946p:plain

情報発信したい。

見せ方とか訴求の仕方がうまい人が勝つでないですか?
クラウドファンデイングでも楽天でも電車の広告でも。
楽天の1位のスイーツって、一番美味しいスイーツでないかもしれなくて、
広告費かけて楽天内に広告貼って、上位検索されるようにして、
画像とか文綺麗にして、見せ方上手くて、っていうのが、上位になり、バカ売れする!
もちろん、ものも大事で、ものと見せ方が合わさってだと思いますが!

見せる努力って大事だ!特にIT革命によって、比較されやすくなる!


ということで、私は、
素晴らしいけどあまり知られていないものを、
得意げに紹介することが好きだ!

この間イランに行ってきて、紹介してたら、
イラン実は気になってた!とか行ってみたくなった!イランってここどうなの?とかよく言ってもらって、
イラン素晴らしい!素晴らしいがその素晴らしさ訴求していない!
みんな知らないと選択肢に入らないよと思い、
ゆえに私がブログでやるよと勝手な意識の芽生えが!

なので私はこれから、みんながよく知らないけど実は魅力あふれる場所の旅人になりたい。
どうせ行くならば未知の場所へ行きたひ。

f:id:now-ist:20171115021538p:plain

星が落ちているところは今まで行ったことがあるところ。

 

イランで仲良くなった、中国からきたお兄さんが、
アイゼルバイジャンがすごくよかったって言ってて、
どこそこ?というと、地図見せてくれて、
イランの上にある国だった!
もう発展していて、ヨーロッパみたいだっとのこと。
写真見せてもらって、その後自分で調べてて、こんな場所知らなかった、
知らないけど、素晴らしそうだと思ったもので。

グーグルマップ見てたら、知らない名前の場所とか調べてみたら、
ビザがとれない場所とかもちろんあるけど、
知らない場所が多くて、わくわくした!
次どこ行こう!??
カンボジア国内でももっと色々と行きたいなあ。

次も、タイミングと直感で決めようー!
イラン一人旅できたから、レベル高そうなところも挑戦していける気がする。
もちろん、安全、命は何よりも大切に! 

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

嫉妬に狂っても憤死せず

f:id:now-ist:20171114011622p:plain

私はよく人に嫉妬している。
自分にないものを得てる人がうらやましくて、うらやましくて、うらやましい。
そんなとき、どうすれば自分も手にすることができるのか考える。
それがすべて自分の原動力になっている。

そもそもカンボジアに来れたのも、起業している友達に嫉妬したからだ。
関連記事:新卒1年半で会社を辞め、カンボジアの人材紹介会社に転職したら、全て思い通りだった。 - ハラハタミオ@カンボディア

よく人と比べてはならんというけど、
私は人と比べまくって、うらやましくて、うらやましくて、私もそうなりたくて、
だったら、自分はどうすればいいんだ、今何をすべきなのかと思うところから、
自分が始まっている。
しんどいかもしれないけど、それが自分なので、それでええやんと思った。

何をやったらいいのか考えたら、具体的に動くのみ。
動いている方が思い詰めているよりもはるかに楽で
何かに向かっていたらとりあえずいいと思う。

今も嫉妬しまくってて、死にそうだ。
しかし私は、死なない。
もっと、できることがあるはずだ。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

【イラン】女性1人アライバルビザ・SIM・空港泊

2%くらい取れない可能性あるんでないかと、若干恐れたイランビザ。
無事入国できましたので、手続きと空港情報ご参考にご紹介いたします。

アライバルビザ手続き

※201710月末の段階での情報ですので、こちらの情報は参考程度としていただき、

詳しくは大使館などにお問い合わせください。

 

0、出国前
クアラルンプールからの出発手続きカウンターで、
ユーロがあるか聞かれます。ドルあると答えたらおっけいでした。
また、女性は、イランは法律で髪を隠さないといけないことが決まっているので、スカーフはあるか聞かれます。
イランに行く飛行機から、髪をスカーフで隠しましょう。


1、保険に入る
テヘランにある、IKA空港(エマーム・ホメイニー国際空港)に到着すると、
ビザ手続きをします。
窓口があるのでまず保険に加入します。
期間によっても違いますが、私は1週間の旅行で$16でした。
ユーロで言われますが、ドル払い可能です!

2、支払う
保険に入ると、カードが渡されて、そちらに記入して、
ビザ代を支払います。
ビザ代は、$71(60ユーロ)でした。
保険とビザ含めると、$87か!でもいい!イラン多大なる価値有り!

ビザのカードに記入すべき項目は、
ーーーーーーーーーーーーーー
・自分の名前等
・イランのホストの名前、住所、電話番号
ーーーーーーーーーーーーーー
まさかの、イランのホストのお名前、住所、電話番号が必要とは!
飛行機で隣になった、イラン人のエリちゃんと仲良くなっていて、
ビザ手続きも手伝ってくれていたので、
エリの住所、電話番号記入してもらいました。
よかった!えりちゃん居てくれてほんまありがとう!

イランのホスト名の情報なくても、
日本人の方でアライバルビザが問題なく降りたという実例1件聞きました!

念のため、イラン人の知り合いの方にお名前のスペル、電話番号、住所教えていただく、カウチサーフィン等でホストを見つけておくなどされたほうが安心かと思います。

3、ビザ受け取り

f:id:now-ist:20171113021257p:plain

以前は、未婚女性一人旅だとビザおりづらいみたいな時代もあったようですが、
上記の手続きを終えると、フレンドリーなイラン人のおじさんから、「どこから来たの?ジャパン!ARIGATOー」と出身地の質問のみで、ビザすんなりおりました。

アライバルビザ、30日間なんですね!!!
30日間イランに居ることができたら、もっと何を知ることができるんだろう。
もっと旅したいけど、時間が許さなかったー!

ビザ取得は、1時間半くらいかかりました!

両替

f:id:now-ist:20171113022851p:plain

XE: USD / IRRグラフ。 アメリカドルからイランリアルのレート

ドルに対する、リヤルの価値8月くらいから下がってるんですね。
米ドルからだと今、旅行しやすいですね。
私がイランで見た中で、到着日の空港のレートがまさか一番良かったです。
到着地から2階へ登ると両替所があって、そこで、両替できますのですが、
2017年10月30日のレートで$1=40500
普通は空港のレートがよくなくて市内の両替所がいいのに、
到着日の適応レートがよかったのかな。

クレジットカードではお金は一切下ろせないので、ドルかユーロでもっていきましょう。
テヘランでは円も両替できるという噂を聞きましたが、私は円両替できそうなところは見なかったです。

f:id:now-ist:20171113021630j:plain

写真はイランのお金と、メトロで購入した、メトロで使えるチャージ式のICカード。イランはほとんどお札で、この旅で3枚くらいしかコインもらわなかった。

 

イランのお金は、リヤルと、トマーンという2つの表現の仕方があって、
1トマーン=10リヤルです。
携帯の電卓に金額打ってもらって、
リヤルだと、0を4つとって、25掛けで計算していました。

イランの通貨の表現の仕方2種類あるし、0が多くて分かりにくいので、
絶対観光産業、得してると思うんですよ。
複雑でいくらか分かりづらいので、
分からないものに対して、値切れないじゃないですか、たとえ適正価格でなくても。
なので、カンボジアはドルでほとんど動いていて、
ドルは、分かりやす過ぎるから、リエル(カンボジア自国通貨)のみにしたら、
値切られづらくなって、観光収入10%くらい上がるんでないかと思った。


SIMカード

f:id:now-ist:20171113023822j:plain

もうここから、イラン人男性かっこよいと気づく(笑)


空港1階にあるIrancellのSIMカードの5GBを購入。
1階の右端と左端に2店舗ありました!
50000トーマン(1500円)でした。
空港で寝て起きても、アクティベートされていなかったので、
カウンターのお兄さんに相談すると、無事アクティベート!

てか、もう本当に、日本のSIMロックやめてほしいですよね。
SIMロックかかってるせいで、日本人が海外行った時、SIM入れれずに、
旅をより楽しめなかったり、
情弱になってぼったくられたり犯罪に巻き込まれたりとか起こっていると思うんですよ。
自社キャリアへの囲い込みのためだと思うんですけど、
お客様のこと考えていないよ感が、、、ちょっと、、、、

空港ワイファイ

ウイーク(弱い)、ウイークワイファイでした。
たしか制限があって、少し使うと使えなくなった。でも少し、使えた。
ペルシャ文字で出てくるものもあるのですが、
「Asiatech Free WiFi」が、英語に変換できて、つなぐことができました。


空港泊

全ての手続き終わるともう深夜だったので、
慣れていない地域で深夜の移動嫌だったので、
寝れるっぽい椅子があったので、ここで寝ました(笑)

f:id:now-ist:20171113024237j:plain

足伸ばして寝れました!まあまあ寝れた。空港ってそんなもん。

 

f:id:now-ist:20171113024413j:plain

レストランもあり、このレストランに深夜と朝に2回行きました。
空港1階には数は少ないですが、深夜でも空いている、カフェや、レストランもあります。
セロリスープ飲んでました。うま。
野菜も美味しかった。ただし、料理の量が多いのでお気をつけください。
もうここからイラン料理相当うまいんでないかと期待大!

コンセント

f:id:now-ist:20171113024529j:plain

乗り換え地のクアラルンプールで、組み合わせたらたいていの国で対応出来る、充電器セット買いました!

これで私はもっとどこへでも行ける!


イランのコンセントは、丸い2つのコンセントのC型です。
空港の1階と2階にチャージコーナーがあって、そこでコンセントが解放している以外は、コンセントあまりないですね、、、、、、、

市内でも、お店の方に言うと、イランの方親切なので、必ずチャージさせてもらえますが、
席の近くにはなく、イラン全体的にコンセント見つかりにくいです。

私は夜行バス移動が多くて、バス内ではコンセントないんで、(バス停、鉄道駅にはある!)充電で少し気を揉んだので、、
モバイルチャージャーなどあれば、旅も安心ですね!

 

 

イラン情報少なくて、恐れる気持ち分かりますが、
観光アピールしていないだけで、魅力すごいので、
本当いい国なので、ぜひみなさんに選んでほしいです!

イラン、ドバイ見習って観光アピール頑張って(笑)
 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

【イラン】彼女はイスラム教をそこまで信じていない。

f:id:now-ist:20171111234000p:plain

夜行バスで隣になった、彼女は、おしゃれだ。
カラフルなスカーフにおしゃれなトップス。
地元に、帰っているのだと。

そういえば、行きの飛行機で仲良くなったエリも同じような雰囲気だった。
エリはマレーシアの大学院に通っているという。
そして、彼女は、ドイツの大学院へ進学するという。

そういったインターナショナルな環境にいるからそのような服装になるのだろうか。

よくしゃべってくれ、スマートな彼女が、夜行バスで、イスラム教のことを教えてくれた。


ーみんなスカーフはしないといけないの?
法律で決まっているから、スカーフ巻かないと、注意されて、
注意されてもスカーフ巻かないようなら、罪に問われて、牢屋へ連れて行かれるよ。
たとえ、イランを離れても、巻き続けないといけなくて、
海外に行っても、私たちはスカーフを巻いているよ。

ー他の宗教の人はいるの?
キリスト教徒などもわずかにいるかもしれない、
でも私の周りでは誰もいない。

ーチャドル(全身を覆う黒い布)かスカーフかは自分で選べるの
関連記事:【イラン】モスクへ行って泣いたので、私も実際にチャドルを作ってみた。 - ハラハタミオ@カンボディア

自分で選べるよ。
でも、私のお母さんは厳格なイスラーム教徒で、チャドルを常に着ていたけど、
最近はスカーフのみ。その理由として、首を痛めたから。

(確かに、私もチャドル作って来ていましたが、重くて、首や頭への負担がある、、、)
関連記事:【イラン/マシュハド】大変だ!宗教って大変だ! - ハラハタミオ@カンボディア

ラマダーン(断食)もやっている?
小さい頃はしないけなくてやっていたど、今はやっていない。
今の若い人は、「なんでしないといけないの?」と考え、しない人も多いよ。

ーあなたは結局、イスラム教を信じているの?
基本は信じているけど、現代のイスラムのいくつかの慣習は現代にあっていない。
ヒューマンライツ的におかしい、
100年前に決まったことをいつまでも言っているのがおかしい。
一夫多妻制で、男性は他の女性と関係が持てるのに、
女性が浮気をすると、罪に問われるし、
女性は男性が言うことに従わないといけない。

ーあなたのお父さんは、奥さんがいっぱいいる?
私の母だけだよ。法律では許されていても、多くの人は、奥さん一人だけだよ。

ー反発する人はいないの?
イラン人女性で、おかしいと言い続けてている人がいるけど、
彼女は英国?に居るのだから言えるのであって、
その人がイランに帰ってくると、即捕まる予定なので、イランにはもう帰ってこれないよね、、、

 

朝方、バスが街について、彼女が市内に出るバスを案内してくれていたら、
厳格そうな女性が、
「スカーフから髪が出ている、隠しなさい」と彼女に注意した。
彼女はほらねっと言うようにこっちを見て、困ったように笑った。

 

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

【イラン/マシュハド】大変だ!宗教って大変だ!

宗教の聖地が好きで、インド行った時もシーク教の聖地のアムリットサルが一番好きで、一番行きたいのは、宗教プレイスなので、まずマシュハドに行った。

鉄道で無事朝ついて、まず宿とろうと思って、
宿街を歩きまわっても、5件くらい満室だとか、むりいと断られた。

女性一人で泊まるのはマシュハド難しめか、、、次いいと思って行ったら、
アットホームなホテルが無事泊まらせてくれた。助かったー(;;)
(通常、バックパッカーとか外国人旅行者がよく来る宿なら、
女性一人でも問題なく受け入れてくれると思います。
夜着は危ないので、次の街に絶対早めに着くように計画して、夕方までに宿確保すべきですね。)

六人くらい泊まれる部屋で、お祈りするスペースに絨毯もあって、1500円くらいだった。みんな家族で巡礼に来るからね、1人とか私くらいだよねと思い、1人で贅沢使い。


イスラームの戒律を守って、スカーフして、長袖長ズボンで歩いていても、
マシュハドの街だと、チャイナ、ハローとか必ず声かけられまくる。
フレンドリーなものはいいのですが、冷やかしの声も尋常やない!

マシュマドはイスラームシーア派の聖地で、巡礼の方々は多いが、
アジアからの観光客はほとんどいなくて、ハラハタは街で宙に浮いていた。
平たい顔族やし、街に馴染めていない自分が悪いと思い、
早く現地アイテムを入手しなければと、焦り、黒いスリッパみたいな靴も購入し、
チャドルの下にかぶる帽子も購入し、
前日にテヘランで購入したチャドルをついに、着用。

関連記事:【イラン】モスクへ行って泣いたので、私も実際にチャドルを作ってみた。 - ハラハタミオ@カンボディア

f:id:now-ist:20171111001932j:plain

チャドルを被ったハラハタ。顔の丸さが引き立つ。

 

これで、少しは街に馴染めている感。
単に、顔ひらったっとしか思われていないはず!

同じ店の通り歩いても、チャドルを着ていると、何も言われなかったし、
じーっとあまり見られなくなった。
やはり馴染めてない自分に原因があった!
チャドルを着ていると、「え、外人やのに、それマイチャドル?」と
もてはやしてもらい、嬉しかった。

しかし、チャドルを来て1日過ごすと、通常の140%くらい体力消耗する。
疲れてすぐ眠くなる。
重い布を頭で支えないといけないことと、
床まで着く長い布を持って歩かないといけなくて
歩きづらいし、手も出ししにくい、そしてまだ暑い。
最初は着ていたけど、思ってたより大変で、異動日リュックとか本当に背負いづらくて、
限界を感じ、モスク行く時だけ着るようになった。

頭で全身の布を支えているので、よくするりと取れる。
ご飯とか食べてたらいつの間にか、チャドルいつもとれてた(下に帽子のようなもの被っているので、一応とれても髪隠せてる)
そして、間違えてチャドル裏表逆に着てて、リバースチャドルで、イランJKにからかわれる場面も(笑)

取れるたびに、やさしきイラン人女性に着せてもらい、
最初はやっていただかないと着れなかったけど、今は自分で着れるようになった!
女子トイレでは、イランの皆様いつもチャドルをおしゃれに整えてた。

大変だ。宗教って大変だ!

 

カンボジアに帰った日に、
半袖、ビーサンで歩くことができて、
女性一人でも何も言われず、行動できて、
カンボジアはなんて自由な国なんだと感動したもので。

あまり着たことないけど、
日本の着物も浴衣も振袖も着るにあたって、動きづらさとか、そのような大変さがあるのかもしれない。洋服、西洋の服、そのしんどさを取り払おうと、西洋化の波が来たのかな。

大変だ。伝統って大変だ。

でも、美しい!

少しだけだけど、イランのチャドルを着用する女性の気持ちを知れた気がして、
本当にマイチャドル買ってよかったと思った。
マイチャドル持って帰ったので、着たい人いたら、お気軽に言ってください!

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ