カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。何が善いのか知りたい。

【バンコク】好きなことして、生きてゆく

f:id:now-ist:20170924042513j:plain

カオサン通り(バンコクの旅人街)のお店で、タイカレー食べてたら、
Are you Cambodia?とスタッフのお姉さんに聞かれる
そうだよー何で分かったの?って聞くと
私もカンボジア出身!だからクロマー(カンボジアの伝統布)で分かったと、
クロマー付けてて良かった。
ここでカンボジアの方と出会えるとは

お姉さん、何でバンコクいるの?
と聞くと、
お金稼ぐために、出稼ぎに来ているよーと!
この子もカンボジア出身だよと、カンボジア人の男の子も!
お姉さんは、28歳で、労働許可を得て働いているらしい。

就労に関する比較的新しい記事。気になったので色々見てみた。
カンボジア人出稼ぎ労働者へタイが合法許可証発行へ
タイに360人の政府職員を派遣 年末までにカンボジア人不法労働者に法的書類を与える[社会]
タイ カンボジア人労働者の強制送還強化[労働]

 

何でバンコクいるのーと聞かれて、
ミャンマー行ってたから、バンコク乗り換えで来たと言うと、
この子、ヤンゴン出身だよーと!スタッフの方ご紹介いただく!!わ!
ミンガラバー!!!!!!!(ミャンマー語で、こんにちは)

タイのローカルの料理屋さんで働いているのは、タイ人の方々かと思ったけど、
インターナショナルだった。

帰って、宿のお兄さんに、この宿のスタッフさんはみんなタイの方?と聞くと、
そうだよーと。お兄さんはタイの南の方から働きに来たよと。
カンボジアミャンマーの方は多くタイで働いていて、飲食店とか、ハウスキーパーさんとして、働いているよと。確か、工場などでも働く人が多い。

 

カンボジアのお姉さんとタイ料理作れるのすごいねって話してたら、
みんな作れるよ!簡単だよ!と

お店結構流行っていた。
一生懸命働いていた。

お姉さんの地元のバッタンボン、まだ行ってない!行きたい。
プノンペンに来た時も声かけてくれるって!
お姉さん、英語もクメール語タイ語も堪能で、相当優秀だ。

クロマーがつないでくれた縁やー!
付けてたクロマーをあげた。快くもらってくれた!いらなかったらごめんね!


その後、カオサン通りを歩いていると、
ミュージッシャンの方のご活躍の場が多数。

f:id:now-ist:20170924042711j:plain

通りに面した酒場で、歌っている、お客さんを引き寄せている、チップをもらっている。
そういえば、ホーチミンにもこのような通りがあったし、
プノンペンハンバーガー食べている時も、ライブが始まったなあ。

すごく楽しそうで、今流行りの
「好きなことで生きてゆく」という言葉がぴったりだと思った。
彼らはどこの国から来たのだろう。
ずっと聞いていて、
彼らの好きなことして生きてゆく姿勢に勇気をもらった。
スタンド・バイ・ミーの曲が特に良かった。

そういえば、昔、タイ国境を超えているとき、乗り合いタクシーに一緒に乗っていた、
イスラエル出身やったかな?お兄さんが、タイのムエタイがしたくて、
ビザ切れるから、更新のために国境超えるためにこの車乗ってるんだよーと言ってた。
あのお兄さんは、今も、好きなことして、生きているといいな。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

【ミャンマー/メイミョー①】優しい人々と、朝4時の鉄道旅

友が日本に帰るので、1日だけ一人旅になった。

ミャンマーの鉄道に乗ってみたくて、地方に行きたくて、
そして、シャン族の村を訪れたくて、
ピンウールィン(メイミョー)という町に行くことに。

チケットは、1日前に購入しないといけないらしく、
急いでレイルステーションで購入。

アッパー席(1000チャット位)と、オーディナリー席(550チャット)のどちらか選べて、
よりローカルの方々の近くに居させてもらいたいと思い、
オーディナリー席チョイス。

550チャットで、500円しないのか、やすって思っていたら、
桁間違えていて、50円弱だった、、、、、!やすすぎる!

 

f:id:now-ist:20170923023423j:plain

写真は到着地のメイミョー駅

 

朝3時過ぎに早起きして、早朝のアクティブな野犬に怯えつつ、
無事レイルステーション到着!
遅れるやろうとたかをくくっていたら、時間通り4:00出発!やるやん!
タクシーで2時間で行けるところを、早朝の列車で4時間、おつである。

列車の方が気を利かせて、ツーリストおるから、こっち座れとご案内いただき、
オランダ人の旅人と向かい合わせで座る。
彼女に、「何で、安いオーディナリー席選んだの」と聞くと、
「経験してみたかったから」との答えで、
彼女となら、仲良くなれそうだと思った。

 

 

朝4時、鉄道。

Mio Harahataさん(@taamiio)がシェアした投稿 -

身を乗り出して夜風につつまれようとしたら、
よく草木にあたって痛かった(笑)
緑の匂いがする空気がうまくていっぱい食べた 

 

f:id:now-ist:20170923021738j:plain

担当の方がいらして、各踏切の遮断機を手動で動かしていて、私はいつも見ていた!
いつまで手動は続くのでしょうか。

 

f:id:now-ist:20170923022006j:plain

かわいすぎる、途中駅。ミャンマー文字と家が見事にマッチ。


色々な駅や町を見て、
こんなにも知らない場所があって、
カンボジアでも行ったことない場所だらけで、
きっと一生旅をしても全部見れないと思うと、
少し寂しい気持ちになった。

上の写真のようなトラディッショナルな、
ミャンマーバックと、ロンジー(ミャンマーの民族衣装)を
ほとんどの方が身につけられていて、ヤンゴンの方々とは違った文化で、いいなあ。
私もミャンミャーバッグ買いましたので。

 

 

f:id:now-ist:20170923022356j:plain

窓から見える景色がずっと楽しい。
兄さん、ここ禁煙やのに寝タバコ(笑)

ミャンミャーの方、喫煙率高い。カンボジアは低い。
真面目なミャンミャーフレンドも常、タバコ買って、常、吸っている。

 

横に座っていたお兄さんたちが仲良くしてくれて、
おこわとか、魚あげたやつとかくれてうれしかってん。※
私、日本にいて、鉄道乗ってて、
知らない外国人いて、食べ物あげますかと考えると、したことないなーと思って。
とオランダ人の旅人に言うと、
We can learnって、
習わないといけないねーって

ミャンミャーの方も、ナチュラルやさしい(;;)

 
お兄さんが、嬉しそうにご家族の写真を見せてくれた。
美しいお嫁さんと、かわいいお子様
写真を大事そうに見せてくれて、
その写真を大事そうに紙袋にしまい、その上からビニール袋にしまい、
そんなに大事にされる、写真は、幸せだなあ
家族っていいなあと思った。

お兄さんたちが、ここやでと降りる場所を教えてくれる。
列車が無事、4時間弱かかり、メイミョーに8時前に到着。
駅名表示もなくて(ミャンマー文字読めない)、アナウンスもなくて、
仲良くなって、教えてもらわないと、どこで降りるか分からない。
日本だと、黙ってても、スムーズに、予定調和で進むから、
こういうのが、楽しい、、、、、、、、、、!

ミャンミャー旅は続く、、、、、、!

 

※もらった食べ物に睡眠薬入れられていて、
お金取られる事件は、世界的によく聞くので、お気をつけください。 

 

【マンダレ→ピンウールィン(メイミョー)WAY】

・列車

Mandalay Railway Stationマップ

前日までに購入が必要とアドバイスいただきました。
今回の便が、朝4時の列車で、
確か、レイルステーション開く時間が朝6時からだから、
買えないとの理由からかもしれないです。

 

・タクシー

シェアタクシーや、タクシーでも行けるようです。
2時間〜2時間半くらい

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング

 

【ミャンマー/インレー湖①】湖の上の蓮糸ファクトリー

ヤンゴンから、JJバスでインレー湖へ。
ヤンゴン夕方に出て、インレー湖の街のバス停に、早朝に着く。

到着地のJJバスオフィスでボートの手配もしてもらい、
いざ、インレー湖へ!!!!!
歩いて、ボート乗り場まで行けます。

 

湖では、みんなが生活していて、
パゴダや、レストラン、ファクトリー、などなどがあり、
ボートでいろんなところに止まる。ボートでの移動が楽しい。

 

インレー湖

Mio Harahataさん(@taamiio)がシェアした投稿 -

 
モノ作りの現場が見れたことが面白くて、ご紹介します。

ハスの糸

f:id:now-ist:20170921184822j:plain

湖に浮かぶ、ファクトリー。
ハスの糸や、コットンを使って、布を作っている工房にお邪魔しました。

紡ぐ

f:id:now-ist:20170921181349j:plain

普段、カンボジアでも親しんでいる、ハスが糸になるとは!
丁寧に紡がれていました。

染色する

f:id:now-ist:20170921181518j:plain

色を出すために、壺で煮出していました。

 

干す

f:id:now-ist:20170921181615j:plain湖の風に吹かれて

織る

f:id:now-ist:20170921181703j:plain

色きれいと話していたら、糸巻いてくださる。
糸1本1本にあらかじめ柄の模様がついているようだ。

他のお母さんと話していたら、お母さんは、毎日ボートでここまで通っていると。
息子さん2人も一緒に住んでいて、大工をしているらしい。

湖の中のライフスタイル、ボートが移動の中心になりますよね。
こうやってファクトリーとかレストラン尋ねる時も、ボート移動で、新鮮だった。

ここで生きると、また違う人生が待っているんだろうなー

 

届ける

f:id:now-ist:20170921182023j:plain

ファクトリーの見学した後、立派なおみやげ屋さんがありました。
ハスの糸で作ったスカーフは、$100〜と高級品で、手が出なかったけど、
コットンの商品もあって、$10強だったので、シャツを買いました。
おしゃれな友は、何着も買っていた。

 

みんなで各工程を役割分業、丁寧に作られている様子を見て、
これがモノ作りなんやね、と5回くらい呟いた。
作る人々が、働く人々が美しい。

 

そして、ストーリーの訴求の仕方上手くて、
作っている工程をしっかり見せて、販売という流れで、
うまく、消費に持って行ってた。誰がコーディネートしたんだろう、、、、
観光マネーをうまく獲得。その調子ですね。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング

 

 

 

【ミャンマー/マンダレーヒル】基本、皆優しかった

マンダレーは、ミャンマーの古都。
マンダレーヒルという、ヒルに登る。森が好きなので。
森の麓までタクシーで行って、そこから登る。

f:id:now-ist:20170920235827j:plain

上に登るにしたがって、ところどころに、仏像様がいらっしゃる。すごい、ヒル

 

f:id:now-ist:20170921001200j:plain

階段多くて、疲れるんですけど、もれなくサイドにイスがあって、いつでも休める!
登りだけで、友と語らったり、休んで友のお気にの音楽聴いてたりしたので、
3時間くらいかかった(笑)たのしかった

 

途中で絶景も見える、山なので。

f:id:now-ist:20170920235859j:plain

登る時よく逢っていて、ふふふと笑い合った、かわいらしい3兄弟。
風景を撮るより、風景を見るあなたたちを撮りたいんです。

外国人観光客はほとんどいなくて、ミャンマーの方々が、日常使いしている感じで、
生活の中にあるヒル。いいね。

 

f:id:now-ist:20170921000427j:plain

帰りはエレベーターで降りれると思い、その気でいたら、封鎖しているよと教えていただく!がーん
てか、なんでここでポップコーン食べてるん(笑)

どうする、、、、もう疲れたよパトラッシュ、、、歩いて降りとうないよ、、、
ってなって、

駐車場で、帰りかけの方に、山の麓までのせてもらえんかいね?と聞いたら、
おーーう、来い来い、いいに決まっとるやないかい!と乗っけてくれる(;;)
ありがてえ(;;)

 

f:id:now-ist:20170921001920j:plain

ファミリートラックにジョイン!
言葉あまり通じなかったけど、なんか楽しかった、、、、、、!
ひょうきんものの兄さんがよく話しかけてくれて、楽しかった、、
せめてもの御礼にと買ったカットスイカを差し出すも、
まさかのスイカかぶりで、兄さんたちも買っていた、、、!

そして、お兄さんたちに、どこから来たのと聞かれたら、
カンボジアと答える。
カンボジアの写真見せたりして、カンボジア人やとうまく思われた!

アマラプラという観光地にこれから行くんやけど、一緒にこのまま乗ってく?
とも言ってくださり、一緒に行ったらめちゃめちゃ楽しかったやろうけども、
友のフライトの時間が迫ってたので、行けなかった、、、!ありがとうね、、

どこの国にお邪魔しても、こうやって、みんな優しくしてくださる(;;)
人類、基本、皆、優しい(;;)
ありがとうね、ミャンミャー
あと数日お世話になります。

 

マンダレーヒルWAY】

麓までタクシーで行って、ひたすら上へ上がって行きました。
途中まで車で乗って、そこから上がるルートもあるようです。
エレベーターは、2017年9月20日時点では、封鎖されていました。

王宮も近いので、合わせて行ってみてもいいですね。

Google マップ

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング

 

【ミャンマー】人々は雨に親しむ。

ミャンマーで、インレー湖に行ったり

f:id:now-ist:20170920013456j:plain

 

ミャンマーの古都マンダレーから離れた川に行ったり、

f:id:now-ist:20170920013607j:plain

水の側で生きている人々を見て、
選べるのであれば、水が近いところに住みたいなと思った。

 

そして、カンボジアでも思いましたが、ミャンマーの人も雨に親しいんだと思った。
東南アジア全体がそうなのかな。

私は、日本に居た時、雨が嫌いで。
日本で、雨って、相当ネガティブだった。
雨に濡れたら、終わりみたいな。雨が止むことを祈って行動するみたいな。
冬だと、寒い、テーション下がる、気持ち悪い、みたいな。
常に、置き傘、折りたたみ傘、ビニール傘コンビニで消費みたいな。
みたいな、みたいな。

カンボジア来て、雨を恐れなくなった、、、!
カンボジアの雨って全力で降るんですよね。
全力で一瞬。しかも夕方か夜。そういえば最近カンボジアでは雨ふらないな、乾季か。

全力で一瞬降るので、待てば止むし、
結構濡れても、気候が常、常夏で、カラッと暖かいので、
時間の経過と共に割とすぐ乾く。
濡れても、当たり前のような雰囲気が立ちこめ。
なので、濡れることを恐れなくなった、気にならなくなった。

特に、カンボディにいる方のおかげで。

訪問した際に、直前にスコールにあってしまい、だっと、濡れてしまった。
これで、お伺いしたら怒られるか、嫌がられるよな、、と思った。
スコールにあって、と言うと、
その方は、スコール女子だ(笑)ともてはやしてくれた、

だから、私はこっちの雨は嫌いになれない。

 

ミャンマーに来てからも、1日に2、3回だっと雨が降ってる。
きっと雨季なんだと思う。

でも、雨を利用して子供たちが楽しそうに水浴びをしたり、走り回ったりしている様子や、

f:id:now-ist:20170920023230j:plain


トラックの荷台タクシーに乗っていたら、客を呼び込む係?のお兄さんが、
当たり前に、むき出しで雨と向かい合っている様子を見て、雨の印象がまた変わった。

f:id:now-ist:20170920025614j:plain

 水と親しんで生きている。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング

【ミャンマー】ジェジェジェダンスでJJバス

ヤンゴン空港からタクシーで市内に向かっている時に、
タクシーのおっちゃんが、
バスとか乗るだろう?バスは、ジェジェバスがいいから、ジェジェバスにしときなと、わざわざ教えてくれた!
2人でざわついた!じぇじぇじぇ?

友は、カンボディにも来てくれていて、
その時、私は、ジェジェジェを伝えていた!
あれから友は、いつも聴いてると、会社のトイレとかで、ジェジェジェと踊ってると。何者(笑)
www.youtube.com

ジェッジェの曲

 

タクシーのおっちゃんに、そう言われたら、ジェジェバス乗るしかないやん?
ヤンゴンからインレー湖行くバスは、ジェジェバスに!
響きがいいというだけで、共にミャンマー行きを決めた友なので、
響きを今回も尊重した!

 

f:id:now-ist:20170919010847j:plain

ジェジェバスチケットを無事取った。
ヤンゴン→インレー湖で、1人24700チャット(2000円弱)、
バス停までのピックアップ付き。
ピックアップの車待っている時に、
ピックアップの車が30分も遅れていて、
その間、バス会社のお姉さんに、
ジェジェジェがカンボジアで流行っている曲なんだ、
だから、ジェジェバスにしたんだ、
ほら!このように!と友と2人でジェジェジェダンスを踊る。
バス会社の人爆笑、ずっと笑ってた。
音楽が国境を越えた瞬間だと思った。

友が、日本で流行っている恋ダンスも踊っていて、
ミャンマーで流行りのダンスは何?踊ってみてよ!というと、
ミャンマー人は踊らないと。本当?お姉さん、奥ゆかしかった、、!

実際のジェジェバス。JJバスだった、、!

f:id:now-ist:20170919011502j:plain

一番高級バスっぽい!
バス待っている間も、コーヒーが出たり、コカコーラゼロが出たり、
バス乗ってからも、ドリンク選べたり、バンが配られたり、
そしてモニターがあって、映画も見れて、音楽も聞ける!
友、ニモを見ていた!

私は、ミャンマーでも、ブログを書かないと夜は明けないので、
暗闇で(光が迷惑かからないように画面暗くして)、揺れながら(揺れすぎて、キーボードから手が浮く笑)、
ミャンマーで買ったSIMでデザリングしつつ、更新がんばってますナウ

サービスエリアもちょいちょい寄って、楽しかった!

f:id:now-ist:20170919010914j:plain


ミャンマーヌードルうまい!
8000チャット(60円位)、安すぎる、ひよこ豆の使い方がいいよね。
そして、ミャンマー料理は、いちいちちょい辛い気がする!

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング

 

 

【ミャンマー】タピオカとの突然の再会

ミャンマーでのタピオカとの出会いは、到着してすぐだった。
友と空港で合流するので、うろうろして待っていたところ、
GONGCHA発見!

f:id:now-ist:20170917220806j:plain

感嘆の声を上げた、「お!ベトナムぶりじゃん!」と。
ベトナム行った時、友が、タピオカ通り連れて行ってくれて、
そこでは、GONGCHAとは出会えていた。
あいからずナイスタピオカで、カンボジアにも再進出せんかなー
プノンペンにあったみたいだけど、撤退したみたいで、、、、跡地には訪れたことがありまして。

そして、2日目、友も、インフルエンスされ気味で、
GONGCHA今日飲みたいよね、百貨店になら?と商業施設に入る!

一抹の希望を持って、うろうろしていると、GONGCHAはなかったが、
なんと、チャタイムが!君か!
タピオカミルクティーMサイズが、3500チャット(280円位)で、プノンペンと同じくらいの価格。

素敵なウォールがチャタイム内にあり、写真を撮る。

f:id:now-ist:20170918001140j:plain

友が、「いつも思ってた、ハラハッタのブログの写真だめだ、フォトジェニックでない」と。
確かに、無造作感、、、、
インスタグラマーも苦労してるんだよ、と友が撮ってくれた写真がこちら!ででん

f:id:now-ist:20170918001247j:plain広告の写真で使えそう!
同じ場所にいるのに、こうも違って見えるのか、と。
華やかなインスタグラマーの影にもこういった苦労があるのか、と。

そして、ウォールに問いかけられている、試されている、
How much do you love iced tea?
どのくらいティーを愛していますか?と、

私はこう答えるだろう、
You have no idea how much I love bubble tea.
あなたが想像できないくらい、私は、タピオカミルクティーを愛している。と、

ポーランドの映画で、
「You have no idea how much I love you」というタイトルの家族愛をテーマにした映画があって、私は、このタイトルが好きすぎて、文脈に関係なくに乱用しています。

そして、ミャンマーのチャタイムのウォールからのメッセージはまだ続くんだ、、、!

f:id:now-ist:20170918001704j:plain

パキスタンにも、チャタイムあるんだ、、、
2005年に台湾で第一号店出してから、
まだ10年強でこの世界への展開の仕方、すごいなあ。
もっとタピオカの歴史勉強したいなあ、、、

まだ行ったことない国に、行ったことないタピオカがある、
そう思うと、世界は広い、とワクワクしますね。

 

そして、実は、出発時、プノンペン空港で会った、友もチャタイムプノンペン空港店で、
タピオカ飲もうとしていて、
実はあそこノータピオカなんだ、タピオカの取り扱いなくて、飲み物だけなんだ⤵︎、、、、って伝えておいた。
が、友は、店員さんにタピオカありますかと聞いて、店員さんは、ありませんと、
why?と聞いておいたと、そのくだりやっておきましたと!
友の心意気(;;)聞くことに意味がある、、、、、、!
お客様の声大事なんで!こういった声が、重なり、PP空港チャットタイム店も、
タピオカ取り扱ってくれる日が近づいていく、、、、
気づいてくれると、、いいな!

 

 【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング