カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

【伝統の森】$130のシルクを買った。

$130のシルクを買った。それはそれは美しく、芸術品だった。

PPBPに寄贈いただいたこちらの本を読んで、
この村に行かなばと思い、行ってまいりました。

 

シエムリアップ中心から、トゥクトゥクで1時間くらいで伝統の森に到着。

 

伝統の森とは
IKTT(クメール伝統織物研究所)が、現地で取り組んでいるプロジェクト「伝統の森・再生計画」のプロジェクトサイトを指します。
カンボジアの伝統織物の制作が行なわれている工芸村エリアでは、
養蚕に始まり、糸繰り、括り、染色などの工程を経て、
一枚の絹織物に織り上げられるまでの、さまざまな作業が行なわれています。

織り上がった絣布などを展示・販売するショップ&ギャラリー、
訪問者が宿泊するゲストハウスも、この工芸村エリアにあります。
「伝統の森」のうち、ほぼ半分のエリアでは「森」の再生を促しています。
残りの半分が開墾され、桑畑、綿花畑、藍畑そして果樹園と野菜畑に、
また工芸村や居住地区、学校になっています。

pwf | IKTTより引用)

 

シルクの布を作る工房を見学させていただき、ご案内いただきました。
ものづくりの過程が美しかった。

糸をつむぐ

f:id:now-ist:20171023025517j:plain
シルクの糸をはく、蚕の糸が最近、長く、白くなるように改良されているが、
こちらの工房の蚕は昔ながらの原種とのことで、黄色い糸をはくとのこと。

なので、糸がしっかりしていて、シルクなのに丈夫で手洗いしても大丈夫。
そして機械で糸を紡がずに、手で紡いでいるため、人の体温が入り、
表面がツルツルでなく、波打っていて、布を手にして、布をまとっても体にしっくりとつく。

そしてお仕事場でも子供がいる。
お母さんたちが子供のそばにいて安心して物作りができるから、
いいものができるとのこと。

こっちの子供って本当に元気で、全力ですよね。
子供が元気だと安心するし、近くにいるだけで、エネルギーもらえますよね。

カンボジアは、子供を中心として社会が成ってていいなあと思う。

染色

f:id:now-ist:20171023191354j:plain

色も全て自然からできた、スーパーナチュラルカラー。
色が糸に染み込むように、何回もたらいに打ちつける。
普通の布は洗うと劣化していくけど、洗えば洗うほど布が元気になってゆくらしい。

織る

f:id:now-ist:20171023191626j:plain

昔ながらの道具で丁寧におる。
最近では、西洋から織り機が入ってきて、
このように昔ながらの織り機を使うところががなくなってきているとのこと。

ここでは紹介しつくせないほどのこだわりの過程を経て、布が作られていきます。

 村

f:id:now-ist:20171023190609j:plain

村に古着屋さんがやってきた。1着一律1000リエル(30円)

 

職人さんたち、シルクを作ったお給料で、
この辺りでは、所得が高いらしく、
食べ物とか、布団とか、お洋服とか売りに来る人がよく村に来ていた。

日本だと、買い物は一人か友達とだと思うんですけど、
こうやってみんなでわいわい買い物すると楽しいですよね。

私は買い物が結構苦手なので、こういうのいいなあと思った。

 

こちらでできた布は、シエムリアップにも販売店があり、私は、$130のシルクを買いました。

f:id:now-ist:20171023192206j:plain

身につけて落ち着く色がいいよとのアドバイスをいただき、
グレーと緑の糸で作られた布を買いました。落ち着く、、、
一生大事にしよう。
ものづくりの、手の熱が、自然のにおいが、こもっている


シルクの森の運営は、現在は、支援でなくて、
布を売ったお金、工房の案内料等で運営されているとのこと。

私はカンボジアの力強さが大好きだ、尊敬している。
IKTTを訪れたとき、支援を受ける弱さは一切なくて、
いいものを作る、ただ、それだけだった。芸術品だった。

カンボジアの力強さだ、リアルカンボジアだ。
美しく、強い、
カンボジアって本当はすごいんだよ!
かわいそう?って何?と思う。
行き過ぎた、かわいそうプロパガンダやめてほしいと思う、
こんなにもすごいのに。

 

そして、大事に作られたものだから、100年後もくさらないとのこと。
何十年もかけて作り上げられた森だからこそ、このような素晴らしいものができる。
インスタントに作ったものは、インスタントにしか効果を発揮しない。

人もそうだ。ぱっと手軽にやろうとすると、それだけのものしかできない。
本当にその土地のその人の役に立っている人って、
ずっとこっちに住んでいて、骨をうずめる覚悟でされている方だなあと思って、
そんな覚悟も勇気もない中途半端な私は、それだけのものしか生み出せないのだなあ、
インスタントなことしかできないのだなあと考えさせられた、
変に生き急いでいる私は結局何もできず死ぬかもしれないと思った。

本物を目の前にしてそんなことを考えさせられた。

そんなインスタントな私でも、そんなインスタントな私だからこそ、
かろうじて今、できることやりたいことはブログだな、
ブログもっと書きたいな、ちゃんともっと頑張りたいなと思った。

 

【IKTTクメール伝統織物研究所】

Facebookページ

シエムリアップ中心にて、シルク購入できます。

Google マップ

 

 【こちらの村に行くきっかけになった、伝統の森の本】

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

【VEHAA】繊細なスカイバー

食後どこいくう?ってなって、
偉大なる先輩ブロガーぢゃがいもさんの記事を見てて、
ここいこうでい!
と、VEHAAというスカイバーへ

 

f:id:now-ist:20171023031321j:plain

森風、本物の木々だ。
森ボーイアンドガールだ。

しかも屋根があって、Eclipseだと雨の日閉じちゃうけど、
ここだと雨天でも大丈夫そう!カンボディほんま雨多いですからね!

 

新しい角度からのプノンペン、美し。

 

f:id:now-ist:20171023031716j:plain

食事も美味しくて。
ナッツうますぎて、多量摂取。
良質な大粒ナッツで、お皿も木で素敵で、
ナッツ3杯食べたんちゃうかな、鼻血は出てないです。

私、ナッツ好きなんですよね。
けっこう酒飲むお店って食前ナッツ出してくれるやないですか、
あれ、ひたすら食べますからね。
それで食べ過ぎて、メインのご飯あまりたべれないこと、多々ありますからね。
ナッツの罠

 

f:id:now-ist:20171023031822j:plain

料理も、野菜おいしかった、、、
普通に晩御飯もここで食べてもいいかも!
カイバーの下にもレストランがあって、
同じメニューでディナーゆったりと食べれます。

 

f:id:now-ist:20171023032014j:plain

そこそこフォトジェニれた感!

 

ここは、本当に空間デザインと繊細さと森がいいですねー!
Eclipseより好きかも!
音楽がEclipseより音量やや小さいのがいい!
ノーミュージックイエスライフゆえに、無音に近い方をプリファー

イオンも近くて、とろける魚も近くて、そこらへんでご飯たべた後とか、
歩いていけていいかも
カイバーいいねえ
リバーサイドもいい感じのバー多いし
カイバー特集記事作ろう
アクエリアスっていうところもいいらしく、行ってみたいよ。

 

【VEHAAスカイバー】

イオン行く手前の道にあります。
ホテルのような外見なので、中に入って、エレベーターで最上階まで上がります。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

世界へ行きたい

プノンペンからバスで2時間半、コンポンチュナムなう。

f:id:now-ist:20171021153928j:plain

落ち着く静かなゲストハウスでブログ書いているよなう。

自然の中でブログを書く生活いい。たそがれたい。
週末そのようなライフスタイルいいねえ。
自然の近くに行ってたそがれる、ときどきブログかく、ぼーみたいな。

映画の「メガネ」の世界へ行きたい。

f:id:now-ist:20171021152933j:plain

ブログ書きたいことがいっぱいあって、おいつかねえ。

ブログ書きたいことが消えて行きますゆえに、毎日くらいかかなば。

 

 

ブログの直近の目標がこちらで、

 

まずは、ブログ洗練させたいと思い、
ブログ記事を各項目ごとに分けて、タグ付けして飛べるようにしたいと思い、
バスの中で、タグ付けする項目考えてた。
以下のようにしようかなーと。


ータピオカ
ー食
ーカフェ
ーブログ
ーイベント
ー社会

ーシエムリアップ
ークラチェ
ータクマウ
ーコンポンチャム
ーコンポンチュナン
ーカンポット

ミャンマー
ベトナム
ータイ
ーマレーシア

プノンペンでの生活とか、
ブログ書きはじめて、ここ1年で行った場所とかタグとして考えてたら、
意外と、カンボジア国内とかも6か所しか行ってなかったのかーと。
来てからしばらく油断していて、ずっとプノンペンにいたからなー
モンドルキリラタナキリで象にも会いたいし、
バッタンボンにもスヴァイリエン行きたい し、
シハヌークビルは絶対行かないかん場所だろうし、
お近くのウドンへも、列車に乗ってタケオにも行きたいし、
その土地の方々に会いたいし、
カンボジアでいろんな活動されている方の活動をみさせてもらいたいし、

もちろん、他国にも、もっと行きたい。
あやさんといよなちゃんに会いにホーチミン行かなばやし、
ラオスにもバングラにもスリランカにもまだ行ってないし、
シンガポールの発展の仕方も見たいし、
フィリピンはきっと陽気だろうし、
アフリカにも、ヨーロッパにも、南米にも、北欧にだって、宇宙にだってまだ
行ったことがない。
最近日本忘れてきたよ。大切な人々に会いに日本にも行きたいよ。

人生って思ったより短いのかもしれない。
今24歳、うまくいけば、あと残りの人生は、4分の3ある。

生きよう、行こう。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

広告を非表示にする

【プノンペン→シエムリアップ】今夜も夜行バス

夜行バスと言えば、ハラハタ
ハラハタと言えば、夜行バス
(言い過ぎたかっ!?)

夜行バス、割と得意で、
この間のミャンミャー旅も3泊夜行バスで、(旅程おかしい笑)
ニッポンにいるときも、常、東京⇆愛媛間など夜行バスでしきりに空間移動していた。

けっこう寝れるし(普通のベッドで、悩みがあるときよりはるかに寝れる)、
時短テクニック的に、日中仕事があっても、翌日の朝には到着でき、
朝から活動できる有利さ
そして、動線の短さ
飛行機だと町→空港→空港→町
空港遠い、かつフライトの待ち時間疲弊
バスだと町→町
そう、町2町がいいね!
この2つかいたくて!
b2b、c2c、f2f
とか、かっこよす、
分かりやすさを失った代わりにかっこよす

ということで、
シルクの森へ行くために、
プノンペン→シエムリアップの夜行バスに先週末乗ってきました!

ブックミーバスとか、カンボチケットで、複数のバス比較できて、
オンライン決済までできます。

カンボチケット、、、名前がいいね!

ブックミーバス:Book bus, boat and private taxi in Cambodia | BookMeBus

カンボチケット:Bus Tickets | phnom penh to siem reap | phnom penh to sihanoukville 🚌 Camboticket.com

一番高そうな、$16のVirakのLUXURYバスにしてみました。
クレジット決済だと、両方とも決済手数料数%かかりました。
pay&goとかwingsでも決済ができるみたいで、こちらは手数料どうなんだろう?
今度試してみよう!
申し込んで、翌日位に確認メールが届いたので、すぐに出発する方などは、
会員登録してから、チケット申し込むと履歴見れて安心ですね!

実際乗ってみると、高いだけあって、ベットみたいになってて、完全に平らで寝れるんですよ。熟睡できた。

写真取り忘れたーーーー!
ハラハタミオである前に、ブロガーであろう、反省!

そして、隣にいた、ベトナムの子達と友達になって、嬉しかった。

その子は、ベトナムでの就職大変みたいで、カンボジアにあるベトナム系の銀行に勤めているとのことで。海外就職で人気なのはタイみたいで、結構みんなタイに就職に出て行っているとのこと!
そういえば、ベトナム行った時も、友達がベトナムの大学卒業した優秀な人でも、
卒業して、まずは企業でインターンしないと、なかなか正社員になれないと言っていた。
供給過多なのでしょうか。カンボジアとの違い。

 

バス、普通カンボディタイムやから、絶対に予定時間(夜11:30発→朝5:30着)より
遅れて到着するとたかくくってたんですけど、
なんと、1時間早く、朝4:30について、あけぼのですかと。

f:id:now-ist:20171020020711j:plain

ベトナムフレンズとずっと明るくなるまでバス停で話して、
明るくなったら、一緒に街うろうろしてた。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

本が、私の今日を変えた。

f:id:now-ist:20171019014643p:plain

ミャンミャーで友と合流すべく、
ヤンゴン国際空港で友を待っている間に読んだ本で、私の人生は変化した。

実は、この本は、PPBP(プノンペンブックポスト)に寄贈いただいた本で、
この本を読んで、この村に行きたい!と思い立ち、
次の旅は、こちらの村だなと思い、ご連絡とらせていただき、
先週末お伺いさせていただきました。

素晴らしくて、お伺いさせていただき、本当によかった。
また記事で共有します!
寄贈いただいたおかげだ。本当にありがとうございます!

本、私の行動も思想も変化させます、いつも。
本ってすげーよ
私の先週末の行動変えたもん!おもしろいっすねーーーーーー

みなさんも変化を掴みに、PPBP(プノンペンブックポスト)遊びに来てくださいねー!おーいえい!

 

PPBPFBページ

 

 

 【こちらの村に行くきっかけになった、伝統の森の本】

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

PPBP、5つの変化!

PPBP(プノンペンブックポスト)マイナーチェンジもいたしまして、
PPBPの現在を、5つのポイントに分けてご紹介!

ででん!

1、歴史小説大量に寄贈いただく

企業様の蔵書500冊くらいあるらしく、
寄贈いただくことに。ありがてえ(;;)
お声がけいただいた方も素晴らしい方で、仲良くなれて、うれC
PPBPやっててよかった。

重い中、100冊くらいずつ持ってきていただく。
主に、歴史小説とビジネス本で、
歴史小説好きな方が喜んでた。ウハウハ

f:id:now-ist:20171017212347j:plain

歴史小説コーナー。おかげさまで拡大!

 

2、贈答いただくこと多々有

訪問すると、持って帰っていいよーと本いただいたり、
日本から持ってきたよーと本いただいたり(;;)
思いのこもった本をいただく!
もう、大切に管理することは、義務だと思う。ありがとうございます。

 
3、取り急ぎすぎた募金箱

集まったお金で、みんなが読みたい本買いたい!
それから、PPBP向上・維持のために使いたい!

取り急ぎすぎてる募金箱こちら!

f:id:now-ist:20171017211950j:plain
今、$2位募金いただいております。御礼!

 

4、返すの必須本

基本は、借りた本は、返しても返さなくても良くて、
自分のものにしても、誰かにプレゼントしても、よいのですが、

希少な本とか、これからみんなで買う本とか、読んだら必ず返してもらうようにしようと思い、
本の帯に、赤いシール貼りました。
ちなみに、今、返してもらう本はこちら!

f:id:now-ist:20171017211421j:plain

カンボジアに関する本はぜひ読んでほしいー!
やっぱり、ネット上のコンテンツもいいけど、本だともっと知れる!
もっとカンボジア系の本ほしいな!そこだけは、町の図書館より充実させたいなー!
ちょ、募金お願いします(笑)

この返却本に貼る赤いシールは、何と、MACにもフィットしました。
シール大量にあるので、MACに貼りたい人言ってください!思ったよりフィットしてびっくりすると思います!

f:id:now-ist:20171017212227j:plain

 

5、寄せ書きノート

来た方が感想とか何でも書き込めるよノート
PPBP向上委員会のふくりんがかわいく作ってくれた!てんきゅう!

f:id:now-ist:20171017212650j:plain

現在2人のカキコ(うち1人ハラハタ)

PPBPぜひ遊びに来てカキコんでくださーい!

PPBPFBページ

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

広告を非表示にする

イランへ行って、君の名は。

f:id:now-ist:20171015202813p:plain

画像も君の名はカラーにしてみてん

 

水祭り(カンボジアの連休)は、イランへ行こうと思う。
その理由として、東南アジア行き過ぎたな、と思いまして。

もちろん、東南アジア愛しています、好きだからいるのです。
でもやっぱ違ければ違うほど面白くて、
もちろん、ベトナム行くとカンボジアと大きく違って、ベトナム行ったからカンボジアが立体的に見れて面白かったのですが、
まったく違う文化、もっと色んなものを見たいなと思いまして。
次どこ行く?と考えていたところ、
この記事が、フェイスブックで流れてきて、ああ、イラン、いいねえ!
テヘラン(イランの首都)、響きかわいいし、と思いまして。

イランで進む「脱マッチョ」 意外と多い整形、鼻絆創膏がオシャレ? - withnews(ウィズニュース)

マレーシア乗り換え1回のみでテヘランに飛べると分かり、
頭の中はイランでいっぱいになった。

しかし、ビザが絶妙だった(笑)

イランイスラム大使館のHPでは、アライバルビザついて言及されてなくて、
大使館でビザ発行しますと。

EVISA(オンラインビザ)に申し込んでみても、
accept(許可)が出たっぽいけど、注意書きに、「これで終わりでないよ、
インタビューを受けるか、原本を大使館に提出してください」
的な、英文が、、、、、、、全然オンラインで完結していない、、

日本語で調べても最新情報そこまでなくて、
アライバル(空港)で最近はビザ取れているっぽい、、、、、、
でも以前は、未婚の女性はイランビザとるの難しかったとか、、、、
国の方針に左右されるっぽい、、、、

英語で調べても情報あいまいで、、、、、

大使館にメールで問い合わせてもご返信いただけなくて、国際電話してみた!

ハラハタ :メールご確認いただけましたか
ご担当者様:確認してないです。
ハラハタ :カンボジアにいて大使館行けず、ビザどうすればいいですか?
ご担当者様:空港でとれるので直接とってください。
      そこで観光ビザ90日?とれるので。
ハラハタ :evisa申請したんですけど
ご担当者様:それは無視してください。

evisa無視されるんや、、、、、、
イランのevisaシステムはなんなんやろう、、結構申請項目面倒くさかったのに、、、

95%大丈夫っぽいなと思い、万が一入れなかったら乗り換え地のマレーシアで周遊しようと思い、
航空券取得!
エアアジアで、往復$513でとれましたー!

そして、実は、友とイランで会える!!!!!!!!!!!!!!!わーーー!
イラン行くんだ!と言ったら、
自分も行く予定がある、その時期に航空券とってる!と、運命!!!!!!!
その時、ちょうど「君の名は。」の映画を見たばかりで、
君の名は現象か!?と思った。
全ては、糸でつながっていて、時間も縁も糸が絡み合ってつながっている的な。
けっこう、感動した。
帰りの便一緒にして、帰りマレーシアまで共に帰る!
そして、イランであったら、まず、「君の名は!!!????」と
お互いの氏名確認予定。
久しぶりに会うので、人違いやったらね(笑)

ほんまに全て、ご縁と運命ですね。
こうやって、みなさんがハラハタブログ見てくれているのも、縁だと思う、
君の名は、だと思う。

 

今調べてたら、国の方針としても、今、観光客ウエルカムっぽい!!!
入国できる確率98%に引き上がった!無事入国できたら、またブログで報告します!

parstoday.com 

※イラン入国すると、米入国時ビザ取得しないといけないとの情報もあり、
米行く予定がある方お気をつけください。

 

わくわくわくわくわくわく

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ