カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

「自殺なんてしないさ踊って忘れるのさ」

f:id:now-ist:20170604141521p:plain

ヒープスの音楽記事で、音楽への概念が変わった。
音楽の本質を知れた気がした

友が、昔、ヒープス(カウンター&サブカルチャー専門のマガジン)で
インターンをしておりまして!

ヒープスの記事がものごっつう面白い、、、、

ミレニアル世代向けの記事。ミレニアルっていいね、響きがかわいいね。

 

音楽の記事も読んで、概念が変わった!面白くなった!

音楽は何かを表現するためにあったんだ!起源はそこなんだ!

そして、音楽の一体感により、帰属意識、コミュニティーの形成、、、、

カルチャーが作られていく、、、、、

 

"苦しい暮らしの中で見出した唯一のポジティブな空間"

heapsmag.com

 

パンクは社会に何かをつきつけるもの!

"本当のパンクやその歴史っていうのは、何かを変革したり、それに向かって立ち上がったりすることなんだよ。"

heapsmag.com 

ヒップホップもパンクも何かを伝えたくて、表現したくて、一体感を感じたくて、

音楽は素晴らしいと思った。

 

クラブとストリートダンス?(自然発生のダンス)の違いとは

ヒープスインターン昔していたフレンズが、プノンペンに遊びに来てくれていて、

一緒に、愛センター(プノンペンにあるフリースクール)見学させていただいたり、

クラブに行ったりもした!

愛センターでも子供達が発表の練習でずっと踊っていた。

クメールポップいいね!楽しい!近代的で、踊りがいい!

そして、子供達がものごっつうカワイイ!途中からみんなで踊って楽しかった!

 

www.youtube.com

カンボジアで今一番みんなが盛り上がるクメールポップ!ジェジェジェ!私も大好き!

 

クラブにも行ったけど(このときも私はまだうまく適合できていなかった)、

フレンズの感想は、

「クラブは、皮膚の表面で踊っている。

子供達と踊っているときは、内からの喜びがあった、内から湧き出てきた、祭りだ」

的なことを言っていて、

さすが!友!社会学者!私もそう言いたかったのかもしれない、と思った!

 

「自殺なんてしないのさ、踊って忘れるのさ」

昔、セネガルとかガーナのアフリカの友達ができて、

ダンスホームパーティーに誘ってくれた時、

土曜の夜に、夜通し、6時間くらい踊り続けていた!

 

ハラハタ    :いつ踊るの?

セネガルフレンズ:いつでもいいのさ、踊りたい時に踊るのさ。

         でも、土曜の夜は絶対だね! 

ハラハタ    :へえー!ところで、アフリカの自殺率どんなん?

         (彼らの明るさがあまりにも羨ましくて、すごく気になった)

セネガルフレンズ:自殺なんてしないさ、踊って忘れるのさ!

 

superクール、、、superクール、、、、!

日本人は盆踊り、ちょちょいとのみ!ゆえに、抱え込んでしまうんだろうか。

彼らの底抜けの明るさは素晴らしい!そして、カンボジアの人もよく踊る!

私は、アフリカに行きたい

 

カンボジアに来て、踊る機会が増えて、

ノーミュージック・イエスライフでなくなってきているような

これから、音楽を愛していけそうな!

 

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

 

 

カンボジアNO.1ブロガー目指しております

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村