カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボジア

カンボジアで働いています。特技:勢い

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【イラン】反米デモを見た。イランは確実に傷ついていた。

この日は、美しいモスクの入り口に、踏み絵が出現した。

f:id:now-ist:20180119022900j:plain

 

イランの古都、シラーズにいた時にデモに遭遇した。

f:id:now-ist:20180119021710j:plain


警察官もいるし、やばいやつか、と思いつつ、

話を伺ってみると、イランアメリカ大使館人質事件で、

イランがアメリカを追い出したことを記念し、毎年11月4日に祝っているとのこと。

私はイランに、11月4日ちょうどいた。

 

イランアメリカ大使館人質事件

1979年、11月4日イラン革命に介入した米大使館がイラン人学生らに占拠された事件。
人質は残虐行為を受けて、4人の館員が逃亡を試み、2人の館員が自殺未遂を起こしたほか、1人の館員がハンガーストライキを行った。

イランアメリカ大使館人質事件 - Wikipediay

 

f:id:now-ist:20180119023150j:plain

 

f:id:now-ist:20180119023316j:plain

 

f:id:now-ist:20180119023531j:plain

 

f:id:now-ist:20180119023603j:plain

 

デモというよりフェスティバルのほうが近いかもしれない。

でも、その事件は、人質を傷つけ、ひどいことをして、何を祝っているんですかと思った。

何も知らない子供たちが、DOWN WITH USの旗をふり、

国旗を踏みつけ、反米感情を植え付けられていることを見て悲しくなった。

 

 

f:id:now-ist:20180119021941j:plain

 

f:id:now-ist:20180119021953j:plain


ここまで人を醜くかけるのかというくらい、
会場に展示されていた風刺画がひどかった、、、、、

 

 

 

 

 

f:id:now-ist:20180119022655j:plain

テヘランにある旧米大使館は、イランアメリカ大使館人質事件の事件が起こった場所だ。

現在博物館となっており、反米感情があらわになっている。

館内にいた、ガイドの方と仲良くなって色々とご説明頂いた。

 

f:id:now-ist:20180119022318j:plain

館内の壁画。

メディアによって、イランがテロリストの国だと報じられている様子を描いている。

テロリストテロリストと言われて、イランがどれだけ傷ついているのかがわかる。

 

f:id:now-ist:20180119022434j:plain

こちらの作品は、

アメリカは、お金、核兵器、セクシャル、政治の面で

世界に悪い影響を与えていると伝えているとのこと。

 

こういったように捉えているから、外からの影響を受けないように、

イランはネット規制が厳しくなっているのだろうか。

 

イランで仲良くなった、若者なんかに話を聞いてみると、

政府間の問題であって、個人レベルではアメリカのカルチャー好きだし嫌いでないとと言っていたり、

僕たちは何もしていないのに、テロリスト呼ばわりしてくるアメリカは嫌いだなど言っていた。


アメリカ人女性と結婚したイラン人の男性とも会った。

親戚や友達には反対されたかと聞くと、半分くらい反対されたと言っていた。

彼女はイランでは生きづらいと言ってた。

 

 

だが、私がデモを見た街、シラーズは確実に、美しかった。

f:id:now-ist:20180119024238j:plain

 

f:id:now-ist:20180119024249j:plain

 

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ