カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

【ミャンマー】人々は雨に親しむ。

ミャンマーで、インレー湖に行ったり

f:id:now-ist:20170920013456j:plain

 

ミャンマーの古都マンダレーから離れた川に行ったり、

f:id:now-ist:20170920013607j:plain

水の側で生きている人々を見て、
選べるのであれば、水が近いところに住みたいなと思った。

 

そして、カンボジアでも思いましたが、ミャンマーの人も雨に親しいんだと思った。
東南アジア全体がそうなのかな。

私は、日本に居た時、雨が嫌いで。
日本で、雨って、相当ネガティブだった。
雨に濡れたら、終わりみたいな。雨が止むことを祈って行動するみたいな。
冬だと、寒い、テーション下がる、気持ち悪い、みたいな。
常に、置き傘、折りたたみ傘、ビニール傘コンビニで消費みたいな。
みたいな、みたいな。

カンボジア来て、雨を恐れなくなった、、、!
カンボジアの雨って全力で降るんですよね。
全力で一瞬。しかも夕方か夜。そういえば最近カンボジアでは雨ふらないな、乾季か。

全力で一瞬降るので、待てば止むし、
結構濡れても、気候が常、常夏で、カラッと暖かいので、
時間の経過と共に割とすぐ乾く。
濡れても、当たり前のような雰囲気が立ちこめ。
なので、濡れることを恐れなくなった、気にならなくなった。

特に、カンボディにいる方のおかげで。

訪問した際に、直前にスコールにあってしまい、だっと、濡れてしまった。
これで、お伺いしたら怒られるか、嫌がられるよな、、と思った。
スコールにあって、と言うと、
その方は、スコール女子だ(笑)ともてはやしてくれた、

だから、私はこっちの雨は嫌いになれない。

 

ミャンマーに来てからも、1日に2、3回だっと雨が降ってる。
きっと雨季なんだと思う。

でも、雨を利用して子供たちが楽しそうに水浴びをしたり、走り回ったりしている様子や、

f:id:now-ist:20170920023230j:plain


トラックの荷台タクシーに乗っていたら、客を呼び込む係?のお兄さんが、
当たり前に、むき出しで雨と向かい合っている様子を見て、雨の印象がまた変わった。

f:id:now-ist:20170920025614j:plain

 水と親しんで生きている。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング