カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

【ミャンマー/インレー湖①】湖の上の蓮糸ファクトリー

ヤンゴンから、JJバスでインレー湖へ。
ヤンゴン夕方に出て、インレー湖の街のバス停に、早朝に着く。

到着地のJJバスオフィスでボートの手配もしてもらい、
いざ、インレー湖へ!!!!!
歩いて、ボート乗り場まで行けます。

 

湖では、みんなが生活していて、
パゴダや、レストラン、ファクトリー、などなどがあり、
ボートでいろんなところに止まる。ボートでの移動が楽しい。

 

インレー湖

Mio Harahataさん(@taamiio)がシェアした投稿 -

 
モノ作りの現場が見れたことが面白くて、ご紹介します。

ハスの糸

f:id:now-ist:20170921184822j:plain

湖に浮かぶ、ファクトリー。
ハスの糸や、コットンを使って、布を作っている工房にお邪魔しました。

紡ぐ

f:id:now-ist:20170921181349j:plain

普段、カンボジアでも親しんでいる、ハスが糸になるとは!
丁寧に紡がれていました。

染色する

f:id:now-ist:20170921181518j:plain

色を出すために、壺で煮出していました。

 

干す

f:id:now-ist:20170921181615j:plain湖の風に吹かれて

織る

f:id:now-ist:20170921181703j:plain

色きれいと話していたら、糸巻いてくださる。
糸1本1本にあらかじめ柄の模様がついているようだ。

他のお母さんと話していたら、お母さんは、毎日ボートでここまで通っていると。
息子さん2人も一緒に住んでいて、大工をしているらしい。

湖の中のライフスタイル、ボートが移動の中心になりますよね。
こうやってファクトリーとかレストラン尋ねる時も、ボート移動で、新鮮だった。

ここで生きると、また違う人生が待っているんだろうなー

 

届ける

f:id:now-ist:20170921182023j:plain

ファクトリーの見学した後、立派なおみやげ屋さんがありました。
ハスの糸で作ったスカーフは、$100〜と高級品で、手が出なかったけど、
コットンの商品もあって、$10強だったので、シャツを買いました。
おしゃれな友は、何着も買っていた。

 

みんなで各工程を役割分業、丁寧に作られている様子を見て、
これがモノ作りなんやね、と5回くらい呟いた。
作る人々が、働く人々が美しい。

 

そして、ストーリーの訴求の仕方上手くて、
作っている工程をしっかり見せて、販売という流れで、
うまく、消費に持って行ってた。誰がコーディネートしたんだろう、、、、
観光マネーをうまく獲得。その調子ですね。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ


海外就職ランキング