カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボジア

カンボジアで働いています。特技:勢い

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

大丈夫だ、私たちには西加奈子がいる。

今日、友と魚食べて、公園でタピオカ飲みながら、うまくたそがれていた。

人間うまくいなかいよねーと話していて、文脈で、

「会いたい人に会いにゆく、何でこんな当たり前の事ができへんかったんやろな。」

と私が言うと、

 

友が、

「大丈夫だ、私たちには西加奈子がいる。」と答えた。

 

そして、私は、

「この世界にアイは、存在しません。」と重ねた。

 

感動した。

友とこの会話ができたことを、心から嬉しく思った。

 

実はこれらは、本の帯に書かれていた会話。

 

「一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。」

又吉直樹の劇場

f:id:now-ist:20180106024346p:plain

プノンペンブックポストにこちらの本寄贈いただき、思わず読めた!

大好きな又吉さんの本、大事に読んだ。

 

 

「絶望するな。僕たちには西加奈子がいる。」

西加奈子の炎上する君

f:id:now-ist:20180106024602p:plain

西加奈子さん、一番好きな作家さんで、この本は昔、読んでいたけど、

この本のこと思い出したことないくらい、忘れていた。

思い出した、「炎上する君」大好きだ。「きりこについて(西加奈子さんの本)」と同じくらい大好きな本だったんだ。

 

「この世界にはアイは存在しません」

西加奈子のi

f:id:now-ist:20180106024754j:plain

ただただ優しい方が、ご自身がまだ読まれていないのに、こちらの本を寄贈いただいた。

たまらなくうれしくて、一気に読んだ!

 

 

「会いたい人に会いにゆく、何でこんな当たり前の事ができへんかったんやろな。」ハラハタ

「大丈夫だ、私たちには西加奈子がいる。」友

「この世界にアイは、存在しません。」ハラハタ

 

この帯の会話が、

たまらなく嬉しくて、友にこの会話のくだりを何回もやってもらった。

帯の文字とは、少し違って、一言一句同じようではなかったけど、

自分達流にアレンジするくらいが丁度いいんでないかと思った。

 今年、一番美しい会話でないかとさえ思った。

 

私は、忘れるのが異様に早いので、読んだ本の内容も好きだった本も思い出せないくらいなので、

忘れたくないこととか、大事な会話とか、インスタとかブログで覚えておくことができるのがいいなーと思って、書いてみた。

もっと写真を撮ろう、もっと記そう、もっとインスタにアップしよう、もっとトゥイートしよう、もっとブログを書こう。

そうすると、忘れても大丈夫な気が、する。

 

 

 

大好きな本たち👇👇👇

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ