カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

イランって日が暮れ始めた頃が、本当のイランだ。

これ一人旅女性にかなり不利なんですが、※
イランって日が暮れ始めてからが美しい。
夕暮れ時から心がじわーって感動し始める。

イランの方々、活動が朝からっていうより、昼からのイメージ。
日中そこそこ暑いですしね。
マーケットも朝10時頃から、ご飯屋さんとかも昼の12時からってとこがほとんどで、夜も歩いていても、お店開いているところも多い。

カンボジアなんかは、マーケット早朝からで、夕方には閉まるお店が多くて、
カンボジアは朝方の国なんだなーと思った。

 

光がにじみでる、日が暮れ始めたイランの美しさご紹介します。


名もなき美しきモスク

f:id:now-ist:20171107215456j:plain

夜、友と合流して、ヤズド(ゾロアスター教の中心地)の町歩き。
本当に誰かといたら、変な人から声掛けられないから楽だ!

歩いていたら、ガイドブックに載ってない、名もなき美しいモスクを発見。
旅ってこういうことなんだよね!と友と噛みしめた。

夜やのに、家族連れの方々多くて、子供も礼拝に来ていて、
夜遅くまで起きてるんやねと思った。

本当に、モスク日常的にあって、歩いていたら何モスクも出会えて、
1モスクあたりの人口数どんだけ?ってなった。
ほんまいちいちモスクいい。

 

f:id:now-ist:20171107220046j:plain

 ステンドグラスからの光のもれ方が、どれだけカラフルで美しかったことか

ヤズド Shahzade Fazel マップ


エスファハーンイマーム広場

f:id:now-ist:20171107221225j:plain

世界の半分と讃えられたエスファハーンにあるイマーム広場は、
世界遺産のモスクが2つもあって、美しい工芸品もお店も立ち並ぶ、芸術的な場所だ。

エスファファファファーンの中心にある湖に映し出されたモスクが美しすぎる。

  

f:id:now-ist:20171107221956j:plain

 そして、モスクと月の相性は最高だ!

 

f:id:now-ist:20171107221829j:plain

女性はチャドル(黒い布)で体を覆っている方が多くて、
それって、モスクがカラフルだから、その青になじむためなのかなとこの写真を見て思った。

エスファハーン イマーム広場 マップ

生活の橋

f:id:now-ist:20171107222426j:plain

私は人々が生活している場面が好きで、
きっとこの旅で一番感動したところが、エスファファーンの川辺の橋。
これ、橋なんです。上からも下からも通れる。

 

f:id:now-ist:20171107222546j:plain

下の洞窟みたいなところで、みんなで合唱してるんですよね。
パフォーマンスしてて、お金渡せばいいんかなと思ってたら、
本当に好きで歌ってるだけだった。

歌い始めるおじさんがいて、
それに連なって、男性たちが歌い始める。
誰が歌うかなんか決まっていなくて、自由で、
みんな観客であり、主役だった。
今まで見たことないスタイルですごく面白いし、感動した。
その場の空気がどれほど素敵だったか。
音楽っていいね。
私も一緒に歌いたかったけど、全然歌詞がわからなかった。
私が何か歌い始めれば良かったんかな。
あの橋のタラーラーラの音楽が今も頭で流れている。

エスファハーン ハージュー橋マップ


※治安問題なくて、人も本当に素晴らしいイランですが、
女性の一人旅だと、いかがわしいイラン人男性によく話しかけられるので、お気をつけてください。
夜は一人で歩かない、人気がないところへはいかない、絶対についていかないようにしてください。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ