カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボジア

カンボジアで働いています。特技:勢い

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

私が死んでも記事は残るのかと思った。

f:id:now-ist:20180904232156p:plain

「どうしてもカンボジアに来たら、ハラハタさんに会いたかったんだ」と言ってくれた人に今日あった。

その方は、1年前にもカンボジアで会っていた。

 

だって、仕事以外で見てるブログは、ハラハタさんのブログだけだよー

本当にいい文章書くよねって言ってくださった。

 

嬉しかった。そこはかとなく、嬉しかった。

今日、死にそうなほどテーション下がっていた私は、その言葉を思い出すたびに、心が、なんとか、元気に保たれていた。

 

一番好きな記事はなんですか?と調子に乗って聞いてみた。

イランの夜の記事だよと教えてくれた。

 

now-ist.hatenablog.com

 

早速、自分でも読んでみたら、懐かしかったし、

これって自分が書いたんかなって思うくらい、そのときの気持ちはみずみずしかった。

 

それと同時に、最近こんな記事をかけているのか、カラフルに生きれているのかと、

変なプレッシャーを感じた。

それほど、あのイランの感動は大きくて、

アフリカに、アフリカに行ったら、また、こんな気持ちになれるんだろうか、

と考え、ますます全く想像できない国に行きたくなった、旅したくなった。

 

そして、私は、記憶が短い。

自分が忘れても、ブログがそのときの気持ちを思い出せてくれるし、

私は死んでも、ブログの記事は残るのかなと思い、

それを見て、気持ちが鮮やかになってくれる人がいるということは、

泣きたくなるほど感動することなので、

これからも生きよう、カラフルな経験をもっと自分で取りに行って、書き続けようと思った。

 

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com