カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

【ミャンマー/カンボジア】お寺の社会的機能について

ミャンマー行ったら、そらじゅうにパゴダ(お寺)があって、
カンボジアより多くて、私はしきりにパゴっていた。

f:id:now-ist:20171001010317j:plain

パゴダにたむろ。

 

f:id:now-ist:20171001010244j:plain

パゴダ、みんな座ったり休んだり、祈ったり、集まったりしていて、
パゴダがコミュニティを形成しているのが面白い。

私もよく一休みした、落ち着いた。本当にどこにでもあった。

 

f:id:now-ist:20171001011241j:plain

こちらは、ヤンゴンにあるミャンマー最大の聖地、ジュエダゴォン・パヤー

マンダレーヒルもそうだけど、訪れているのがミャンマーの方がほとんどで、
地元の方が日常的に親しんでいるのが素敵だなあ。

 

 

Yangon,Yangon #ルーフトップバ #Myanmar #Yangon

Mio Harahataさん(@taamiio)がシェアした投稿 -

 ミャンマーの中心はパゴダだった。

 

この間、カンボジアの仏教について詳しい方より、お話し伺って、興味深かった!
カンボジアの祝日は、仏教の行事のためにあるお休みで、
この間のプチュンバンのお休みも多くの方がお寺にお参りに行っていて、
やはり、そのためにあるのか!と。
祝日多いな、ラッキーとしか思っていなかった、みんな祈るため、
信仰のためにあるのかと思うと、概念が変わった。

そして、お寺は、
貧しい男子学生や子供たちの住まいになっていたり、
お坊さんが地域コミュニティーのリーダーとなって、
学校への支援や、地域への支援をしていたり、
社会活動としてNGOを組織しているお寺も多いと聞いて、びっくり!

お寺で女性支援のための職業訓練をしているところもあって、今度お伺いしてみたい!行政の社会保障が十分でないために、お寺がその機能を担っている。すごく面白い。

そして、みんな寺を中心として集まり、コミュニティーができているのも興味深い。

日本だと、町内会とか、神が中心にいないまま集まっている。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ