カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボディア

カンボジアで働いています。特技:勢い

【プノンペン→シエムリアップ】今夜も夜行バス

夜行バスと言えば、ハラハタ
ハラハタと言えば、夜行バス
(言い過ぎたかっ!?)

夜行バス、割と得意で、
この間のミャンミャー旅も3泊夜行バスで、(旅程おかしい笑)
ニッポンにいるときも、常、東京⇆愛媛間など夜行バスでしきりに空間移動していた。

けっこう寝れるし(普通のベッドで、悩みがあるときよりはるかに寝れる)、
時短テクニック的に、日中仕事があっても、翌日の朝には到着でき、
朝から活動できる有利さ
そして、動線の短さ
飛行機だと町→空港→空港→町
空港遠い、かつフライトの待ち時間疲弊
バスだと町→町
そう、町2町がいいね!
この2つかいたくて!
b2b、c2c、f2f
とか、かっこよす、
分かりやすさを失った代わりにかっこよす

ということで、
シルクの森へ行くために、
プノンペン→シエムリアップの夜行バスに先週末乗ってきました!

ブックミーバスとか、カンボチケットで、複数のバス比較できて、
オンライン決済までできます。

カンボチケット、、、名前がいいね!

ブックミーバス:Book bus, boat and private taxi in Cambodia | BookMeBus

カンボチケット:Bus Tickets | phnom penh to siem reap | phnom penh to sihanoukville 🚌 Camboticket.com

一番高そうな、$16のVirakのLUXURYバスにしてみました。
クレジット決済だと、両方とも決済手数料数%かかりました。
pay&goとかwingsでも決済ができるみたいで、こちらは手数料どうなんだろう?
今度試してみよう!
申し込んで、翌日位に確認メールが届いたので、すぐに出発する方などは、
会員登録してから、チケット申し込むと履歴見れて安心ですね!

実際乗ってみると、高いだけあって、ベットみたいになってて、完全に平らで寝れるんですよ。熟睡できた。

写真取り忘れたーーーー!
ハラハタミオである前に、ブロガーであろう、反省!

そして、隣にいた、ベトナムの子達と友達になって、嬉しかった。

その子は、ベトナムでの就職大変みたいで、カンボジアにあるベトナム系の銀行に勤めているとのことで。海外就職で人気なのはタイみたいで、結構みんなタイに就職に出て行っているとのこと!
そういえば、ベトナム行った時も、友達がベトナムの大学卒業した優秀な人でも、
卒業して、まずは企業でインターンしないと、なかなか正社員になれないと言っていた。
供給過多なのでしょうか。カンボジアとの違い。

 

バス、普通カンボディタイムやから、絶対に予定時間(夜11:30発→朝5:30着)より
遅れて到着するとたかくくってたんですけど、
なんと、1時間早く、朝4:30について、あけぼのですかと。

f:id:now-ist:20171020020711j:plain

ベトナムフレンズとずっと明るくなるまでバス停で話して、
明るくなったら、一緒に街うろうろしてた。

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

now-ist.hatenablog.com

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ