カンボディアブログ

ハラハタミオ@カンボジア

カンボジアで働いています。特技:勢い

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【プレイべン】ハラハタ、パゴラーと名乗り出す

こんにちは、
パゴラーハラハタです。
パゴダ(寺)を見つけたら、速攻で駆け寄ってます。

友達の里帰りに誘ってもらい、一緒にプレイべン州へ。
プレイベン州は、ベトナム寄りのスヴァイリエン行く途中の州です。

友達のお家について、夕方パゴダに連れて行ってもらう。
プレイベン行く途中の道すがらでも、何パゴダも見つけました。
どんな地方にも必ずある、パゴダ。
みんなの心のよりどころだ。

 

プレエイベンのバゴダへの入り口。荘厳な。

f:id:now-ist:20171205013026j:plain

 

パゴダはいつも自然と共に。

f:id:now-ist:20171205013117j:plain

岩の中には、割と、ひょうきんめの神がいた。
この中に入ると、静かで涼しくて、空気が変わった。

f:id:now-ist:20171205013132j:plain

 

頂上行く道で、犬に絡まれてて、
こわーって、走って逃げてたら、走ってはダメだ。静かにじっとしてっと、
ネイティヴ(カンボディフレンズ)にアドバイスいただき、じっとする。

その先進もうとすると、この先言っては、ダメだ、犬が危ないと、
ネイティヴの判断により、別の道から、頂上を目指す。

ネイティヴの英断により、無事バゴれた。
私は、こういうとこヤワだから、パゴラーとしては、犬との向き合い方も、
ネイティヴから学びたい! パゴダに犬はつきものですからね!ちょいレベル高め!

 

無事ついた頂上!景色が本当によい。

f:id:now-ist:20171205014500j:plain

 

 道すがらの景色もどこも綺麗。森ガール。

f:id:now-ist:20171205015042j:plain

 

帰り道、これからパゴダを作りに行くというおじいさんと出会った。
写真のように色もまだ塗られていないところもあって、これから作られるのですね。

f:id:now-ist:20171205014055j:plain

 

パゴダの麓で、
このパゴダ建設のために、寄付した人と出会った。
1995年から建設され、現在も建設中とのこと。
22年間も建設が続いているんだ、すごい。

やはり、ポルポト時代に宗教が禁止されて、パゴダが破壊されたから、
今あるパゴダは、ポルポト政権以後設立となりますよね。

親が残した財産で、このパゴダの建設と、孤児院の運営をやっているみたい。
あらゆるパゴダで、敷地内に学校があったり、パゴダが孤児院になっていたりと、
パゴダの社会的意義は大きいですよね。
関連記事:【ミャンマー/カンボジア】お寺の社会的機能について - ハラハタミオ@カンボジア

パゴダ誰が作ってるんと思っていたら、
こういったお金持ちの人の寄付で成り立っているんですね。
私も将来、パゴダ作れるような人間になりたいなあ

 

次回のパゴダは、私のお気にのパゴダ、トゥールトンポンパゴダ、紹介します。

 

Prasat Preah Pisnukar パゴダMAP

 

【関連記事】

now-ist.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ